• ソフトバンクエアーはエリアで最高速が変わる

    無線通信回線で光回線網の高速通信が可能と人気のソフトバンクエアーですが解約する前に十分に気を付けるべきことがあります。それは通信エリアです。もちろん自分の家が利用可能かという事は無線回線ですから当然確認すると思いますし、それだけでなく8日間の解約期間もありますので、利用できなかった場合は対応は簡単です。

    そうでなくて問題なのは通信速度です。



    実はソフトバンクエアーには速度が速い所と、遅いところがあるのです。

    これは通信状態の問題や利用者の数でも起こりますが、それだけではなく、基地局の問題でも起こります。

    すべての基地局で最大350Mbpsが出るわけではないのです。

    地域によっては110Mbpsのエリアすらあります。

    110Mbpsでも問題なく利用できると言えますが、光回線並みの速度を期待しているとがっかりするとこになるかもしれません。

    事前によく確かめてから契約するのが良いでしょう。


    もちろん実際に通信速度は電波状況や利用者の数でさらに大きく変動しますので、実際には理想的な速度が得られるのは限られており、さほど気にする必要はないかもしれません。


    実際に重要なのはデータ通信量では速度規制をされない事で、それが一番重要で固定回線の代替に使えるかどうかの一番のポイントでしょう。



    そういう意味ではソフトバンクエアーは十分合格です。


    最高速の得られるエリアであれば理想的であるというに過ぎないかもしれません。



    重要なのは安定感です。